バス仲間Win

まだ学校に入る少し前のこと。7月かな。

会社へ向かうバスの中、PSPでゲームをしている黒人の男の子がいた。
(PSPはやっぱりLAじゃバス通勤の若者にしか売れないよね~と思う私)

センチュリーシティで降りると、彼も降りた。同じ方向だ。今度は音楽を聴いている。
ロングヘアは細かいドレッドにしてあるが、きちんと結わえてあって、清潔な感じ。
白いシャツに黒いパンツ、黒ぶちメガネ、すらっとしている。私の前をさっさと歩く。
(スタイルがいい人って、こういうシンプルなファッションでも格好いいのよね~)

同じビルに入っていくではないか。ここで働いてるのか?二人ともドアマンに朝の挨拶。
エレベータに乗る。このエレベータは上層階行きで、11階まではノンストップ。
「何階?」
「あ、14階です」
ごそごそ
「食べる?」
「へ?」
あめちゃん(キャンディのことを関西ではこういう)をもらった。
「ありがとう」
「どういたしまして」
「Have a nice day」
「君もね、ばいばい」
白い歯が輝く。

どきどきした。降りたらほっとした。スキップもしたくなった。(なんでやねん)

次回に続く。
[PR]
by MONICAinLA | 2005-09-10 10:29 | People
<< スペインでは 代理人を認める手紙 >>