You have to complain enough! Part2

タイトルからして、そのままなのですが
ハイ、また私はちょっと怒っております。

うるさかった上の階のJuliaは最近とても静かです。
夜中にホームパーティを開く必要なくなったのかな?
彼と別れたか、旅行にでも行っていないのかも。
それともミュージシャンはやめたのかもしれません。
と想像をふくらます階下のMONICAです(ひま?)
ま、そういうことで今回Juliaには関係ありません。

コリアタウンに実際住んでいるのはヒスパニック系が多く
ちょっと前までは、車を持ってない住民が圧倒的でした。
アパートの持ち主であるSAM&SHAHIN兄弟は、今後
アジア系や白人にどんどん部屋を貸していきたいようです。
しかし最近急にHOTな(?)コリアタウンに住みたがる若者は
駐車場がないと借りてくれません。路上はちょっと。。。
アパートには地下のパーキングがありますがすでに満杯。
2ヶ月ぐらい前の話です。こんな手紙が入ってました。

   親愛なるテナントの皆様

   このたび、隣の敷地に新しく駐車場を作ることにしました。
   工事の期間中は、騒音、埃などでご迷惑がかかりますが
   どうかご了承ください。でかける時は必ず窓をしめてね、
   でないと、埃だらけの部屋に帰ってくることになります。
   工事は平日(月~金)の朝8時~夕方5時です。

   ご理解ありがとう &Have a nice day! 管理事務所より

この国は、先進国でありながら、なかなか物事が進みません。
駐車場建設工事は地面を更地にして、基礎を作り、塀を作るだけ。
不真面目なわけではないのですが、遅々としてちちちという感じ。
建設のことは知りません。でもやり方というか手順が悪いような?
それでも、すごく埃の立つ作業は終わったようですし、塀も半分。
冬場に入居した我が家の車は地下に停めれてラッキーですが
最近入った人は不便してるみたいだし、早く完成してほしいねぇ。
私の部屋のすぐ裏ですので、進行の一部始終が見て取れます。
小さい男の子なら喜びそうなはたらく車たちのオンパレード。

ただ、工事の時間帯と曜日が当初の文言と少しばかり違うのです。
土曜や日曜の朝にいきなりセメントを流し込んでいたこともあれば
昨日なんて、私が家を出る7時半にはもうブルドーザーがごとごと。
要するに、工事のお知らせとはちょっと違うことをしやがるのです。
昼間は誰もいなくなって、朝だけやたらうるさいのも気になります。
朝はボスが来るから仕事をして、監督のいない昼間はサボってる?
よく知りませんが、朝早くとリラックスしたい土日はやめてほしいぞ。

というわけで、また文句を言いに行くことにしました。苦情担当登場。
そうです、この国では、しっかり文句を言わないとだめなのです。

大家のSAMがいました。ちょうどいい、工事の親分と話をしています。
「SAM、ちょっといい?工事の時間帯のことで確認したいんやけど」
「ウン、どうしたの?」
「先週の土曜日も工事してたけど、確か平日だけとちゃうん?」
「え、そうなの、知らなかった」(SAMはビバリーヒルズ住まい)
「朝からうるさかった、お知らせには平日しか工事せえへんって」
「土曜日に工事したのか?」(と親分に聞くSAM)
ああそうだったかな、ちょっとね」(全然悪びれない親分)
「困るよ、うちはアパートなんだから平日だけでやってくれよ」
ロスアンジェルスの規則ではそんなこと書いてないぜ、土曜はOKなんだ
「いや、そうじゃなくってね、住民がいるから」
「それに朝のスタート時間もだんだん早くなってきてるねん」
「ほんとなのか?」(あきれるSAM;彼は9時に事務所に来るので)
夏場暑くて工事が遅れてるから、いまやらないと間に合わないんだ
「でも7時半の騒音はやめてほしいわ、朝はなんかもっと静かな作業やったら?」
これはあんたたちの駐車場のためなんだぜ、あんたたちのためなんだぜ
親分はまったく聞く耳を持っていません。若いSAMも困っています。
ビジネスを考えれば工事が早く完了したほうがありがたい、でも苦情もわかる。
親分はけっこう年配で、こういう交渉もこなしてきたのでしょう。詭弁に自信満々です。
工事の遅れを取り戻すために、当面土曜日も早朝もいたしかたないような流れです。
このままではやばい、頭の中で文章を組み立てているとSAMの兄貴のSAHIN登場。

「何?土曜?早朝?そんなことは絶対にだめだ」
あとから来たSHAHINの一言であっさり解決してしまいました。
SHAHINは約束を破るのはきらいなのです。ちょっとだけふけて見えます(関係ないか)

親分はかなり不服そうでしたが、どうしても土曜の工事が必要な場合は事前に文書で住民に知らせること、スタート時間は厳守、週末の場合は10時から、で仕方なく合意したようです。
なんか当たり前のこと、なんですけど。ものすごく手間がかかった合意でした。

これ実際は1ヶ月ぐらい前から数回にわたってやり取りがあり、この詭弁くそ親分はまったく無視するし、SAMは気が弱くて便りにならないし、SHAHINが登場してくれたのはかなり私のいらいらが限界に達しかけた昨日の話でした。簡単に一回のもめごとでまとめてしまいましたが、最終的には力関係というものを実感したいきさつでありました。
しかし、親分よ、あんた工事を請け負ってるんだからSAMの言うこと聞いてもええんちゃうの?ふてぶてしい。と思ってしまいました。ああ、疲れた。
[PR]
by MONICAinLA | 2005-09-23 09:05 | LA Life
<< シャーロットのおうち 初トラックバック! >>